2013-08-31(Sat)

AirBuccaneers BoosterPack開梱

airbuccaneers_booster.jpg

まさか同じカードが3枚も出るとかね、もうね。
2013-08-24(Sat)

バカッターは何故炎上するのか。

技術の進歩によって情報の共有化がますます安易になり公開されやすくなったのも原因の一つだが。
よく写真を見ると第三者による撮影が多いのが気付くんだよね。
ただし、こういうおバカな行為をして撮影された側、つまり本人の自業自得だが
さて、どうしてここまでTwitterやFacebookなどで炎上となるネタが投稿されてしまうのだろうかと
20行くらいウダウダ書いててなんだが意味わかんなくなってきたので、一言にまとめると。

悪い事を起こしたり、悪い事を自慢する奴は晒されて当然 (チーター、割れ厨、バカッター含む)

この一言に限るわ

心の中でちんこちんこまんこまんこつぶやきまくってる俺が言うんだ間違いない。
2013-08-22(Thu)

第1回:トレーディングカード対応Steamゲームのまとめ買い結果

これはSteamマーケットで揃えるよりサブ垢でぶん回してドロップさせた方が後々得すると思い
特定の激安超特価で販売されていたバンドルやSteamセールをかき集めてひたすらドロップさせた記録である。



Cubemen2 x14
75%Offで2個入りが$2.5の頃に14本分買った。
70枚カードをドロップさせたのにFoilカード(キラカード)は0枚であった。

stc_cubemen_2.jpg
6回分クラフトできた、ブースターパックは3個ぐらいドロップした。

Groupes Doujin Bundle x20
$4.5x1、$1.5x19、Cherry Tree High Comedy ClubとEther Vapor Remasterのカードをかき集める為だけに買い込んだ。
これら40ゲーム分、つまり160枚のカードを出しきったのに、Foilカード(キラカード)は0枚の結果であった。

stc_cherry_tree_high_comedy_club.jpg
2回クラフトしたが、あと5回クラフトできる分だけカードがドロップした、ブースターパックは3回6回でた。

stc_ether_vapor_remaster.jpg
こちらも7回分、クラフトする奴が少ないせいかブースターパックは一度も出ていない。

HumbleBundle Weeklysale PewDiePie x81個目でました。
Macpixelのカードを出すだけにまとめ買い。
買ったものは$1x7と$2.5x1、8本目を買ってから転売業者と扱いされHumbleBundleに弾かれるようになった。
結果:まだアカウントに登録してない。
2013-08-22(Thu)

2013年夏の積んだゲームリスト。

ネタがないので今年の夏シーズンに積んだゲームを適当にピックアップ。

予約や割引無しまでして買ったけど、一切プレイせずに積んだゲーム(カードのドロップのみとか)
Batman: Arkham Origins Pre-Purchase
Castlevania: Lords of Shadow - Ultimate Edition Pre-Purchase
Lost Planet 3 Prepurchase (ROW)
The Bureau: XCOM Declassified Pre-Purchase
Space Hulk Preorder
Worms Clan Wars Pre-Purchase
Take On Mars Early Access
Tom Clancy's Splinter Cell Blacklist Deluxe Edition Pre-Order (予約特典付き)
Cloudberry Kingdom Special Pre-Order w/Soundtrack (予約特典付き)
Spelunky
Rise of the Triad Pre-Order with Apogee Throwback Pack 4-Pack
これもなんか予約特典付きだったし勢いで4パック買ったものの、1本も買い取ってくれない有り様。
トレカ出しきっただけ。
Divinity: Dragon Commander: Imperial Edition 4-Pack
これは2本売れたが、1本余ってしまった。
Dead Island: Riptide
Shadowrun Returns Deluxe
Sid Meier's Civilization V: Brave New World Pre-Purchase (RoW)
Fist Puncher
Magrunner Pre-Order With Early Access
Knights of Pen and Paper Digital Deluxe Pre-Purchase
Magic 2014 - Duels of the Planeswalkers Special Edition Pre-Order
Saints Row IV Pre-purchase (ROW)
ほとんどがPre-PurchaseやPre-Orderが多いのは、予約特典があるからだ
つまり予約でしか入手できないDLCがついてきたりすると、
みんなはこのDLCを持っていない、しかし俺は持っているっとドヤ顔ができる訳ですな。




少しはやったけど、積んだゲーム
DuckTales Remastered
ディ○ニーだから期待したら失敗したわ。

Hammerwatch
最初は面白かったけど一緒に遊ぶフレンドがいない事に気付いたので積んだ、
ゲーム自体3個余ってますが買い取ってくれるフレンドすらいない。

La-Mulana
中盤までまともにやったのに積んだ、面白かった。




番外、まともにやったゲーム(夏シーズン)
Indie Game: The Movie
実績を全部解除した、ゲームを見るだけに長時間起動放置とかオマケのゲームが非常に大変だった。

Don't Starve
たまにやると面白い、何回でも遊べる、オススメ。

Rogue Legacy
3周くらい遊んだ、的当てゲームの実績だけが取れなくて悔しい。
2013-08-17(Sat)

IntelのCPUな話

私自信はIntelのCPUは433MHz世代のCeleronとC2DとCore iシリーズしか触ったことないし
Core 2 Duo以前はAMDばっかりだったのでP2/P3/P4世代は恥ずかしながら全くの無知でございます。
うろ覚えながらIntel CPU歴史を少しだけ振り返ってみた、AMDはPhenom IIx4で懲りた。

Pentium 4 HyperThreading世代 (使ったことない)
CPUの使われてない部分を別スレッドとしてコキ使わすことでなんとなくキビキビ動くようになる技術。
Core2Duo世代ではデュアルコアだから不必要とされて無かったもののCore iシリーズではHT機能が復活した。

Core 2 Duo/Quad - Merom世代 (65nm)
当時モバイル用のCPUがあまりにも優秀だったのでそれをデスクトップ版にしたものを出しただけ。(適当)
2.4GHzでデュアルコアのE6600が大人気、3GHzで動作するE6850も登場、デュアルコアで3GHzの壁を超えたのは衝撃的ではなかろうか?
オーバークボックという言葉もここらへんで生まれた。

Core 2 Duo/Quad - Penryn世代 (45nm)
45nmにシュリンクされて二次キャッシュが増えただけ、使ったことないから知らないもん。

チップセットではG33→G45は3D性能が向上したもの2D性能が下がった。
動画性能では内蔵チップセットによるビデオ出力の高解像度ではとてもじゃないけど処理落ちして見れたものではない。
ついでにいうとTF2などの3Dゲームもまともに動作しない。
他Geforce 8200/8300やATi Express 200チップを搭載したものが登場したが、このCore 2 Duo世代を最後に両者とも消失。

Core iシリーズ - Nehalem世代 (45nm)
メモリをDDR3にしてメモリコントローラ結合、HT機能を追加しただけ、
メモコン結合やDDR3のおかげでメモリだけのベンチマークスコアが良くなった。

Core iシリーズ - Clarkdale世代 (32nm+45nm)
NehalemのCPUをシュリンクしたものにグラフィックのダイを横にくっつけたもの。
何故か32nmのCPUダイに45nmのグラフィックダイが乗ってて、見た目が非常に残念であり美しくないのだ。
この世代からTF2が問題なく正しく描画されるようになった、快適に遊ぶことはできませんが…

Core iシリーズ - SandyBridge世代 (32nm)
グラフィック機能がCPUに完全統合されたもの、当時グラフィック機能いらないと思うやつらが多かったと思うが。
最初にCPUのグラフィックで試して後からVGAを増設すればいいじゃないかという選択肢が増えた。
色んな機能が統合されることによりマザーボードの設計が簡略化ができ様々なコストが下がるとか。
最初からZシリーズのマザーボードを出してくれればよかったのにね。

Core iシリーズ - IvyBride世代 (22nm)
シュリンクされた部分にグラフィックを強化してCPU性能を引き上げなかったブツ。
ヒートスプレッダの接続が半田からグリスに変わりグリスブリッジと呼ばれるようになった。
3Dゲームはそこそこ動作するもののDDR3のデュアルチャンネルではそろそろ限界かなっと感じるものがあった。
細かな変更点はPCI-Express 3.0対応になったぐらい。

Core iシリーズ - Haswell世代 (22nm)
省電力に力を入れたCPU、相変わらずグリスである。
電源ユニットによってはHaswell以降には流用できず、電源ユニットを買い直しする羽目になるユーザーがいるんじゃないのかな。
つかったことないからしらないもん。

Core iシリーズ - Broadwell (14nm)
わかりません、知りません、記憶にありません。
2013-08-08(Thu)

Steamトレカ売り買い時は?

今更どうでもいいこと。
Steamトレカドロップ専用アカウントを20個程用意しているがログインし直すのが非常に面倒くさいのな
以下トレカの売買のムダ情報

売る場合。
・トレカ対応の3日以内まで、ここからどんどん下がっていく。
・Steamストアから消えた場合。
 FootballManager 2013とかは早くも遅くもいずれ消えるので早めにクラフトするなり集めた方がよさげ。
・大型セール直前はクラフト競争もあり、そこそこ高くても売れる。
・Foilカードでたら迷いなく高値で売る。

買う場合。
・HumbleBundle,IndieRoyale,Indiegala,Groupees,Bundlestarsで対象のゲームバンドル入りした時。
 1ドルで買ったなら10個ぐらいアカウント用意してドロップさせた方がブースターパックも含めカードもらえる。
・トレカ対応orセール対象のゲームから2週間後が底値、そっから値段がゆるやかに上がっていく。


・すぐバッジをクラフトする外人にフレンドしておくとクーポン譲ってもらえる。
・レベル上げすぎると変な外人にマークされやすい。

カードドロップ系
・多重起動するとカードが出ない訳ではないがドロップが遅くなる。
2013-08-08(Thu)

Dota2 TI2013メインイベントのアイテムも

やっぱり、クーリエではない。

むしろ今年はTwitchと連携や自動観戦するやる方法があったり
TI2013本を買わなくてもアイテムを入手できるらしいし、転売厨が多いだろうから今年はもう既に諦めてる。
2013-08-06(Tue)

Hammerwatch

Humble BundleにてOST付きが先行販売中、価格は$84パックが$24。

そんで4パック買いましたので、Dota2のTI2013鍵3個でお譲りします。
それ以外のTF2の鍵やDota2の鍵は4個になります。

steamのkeyはまだ発行されてないですが、神ゲーの予感がします、積むだろうけど!


オンラインで4人coopできるんですよ。
2013-08-04(Sun)

Dota2 TI2013予選のドロップアイテムがしょぼい。

dota2_ti2013_dropitem.jpg

去年は予選でも3~8万円相当のクーリエがドロップしたのに
今年は大会のドロップする量は約3倍に増えた原因か知らんがしょぼいぞ!

去年:TI2012
もらえるもの=どれもImmortal Unusual クーリエ。
FirstBlood=1個
ダブルキル以上=1個
大勝利=1個

今年:TI2013
もらえるもの=トーナメント観戦チケットを購入して観戦でもらえるアイテム。
FirstBlood=3個
ダブルキル以上=3個
大勝利=3個
RoshanのAeges横取り=3個?
味方ヒーロへのディナイキル=3個?
このブログについて。

人気ブログランキングへ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ぼるぶろ

削除要請やネタ提供やツッコミや
相互リンクやクレーム等をしたい時はこちらの
連絡用から送信お願いします。

アクセスランキング
リンク