2014-06-28(Sat)

大型セールで実験台にされるSteamユーザーたち

第一話:実績解除イベント - 2010
2007年にSteamの実績システムを初めて導入し
色んなところでゲームで実績を導入したゲームが増えた所でSteamはユーザーに実験台として初めてやったイベントが
2010年-冬のセール前に始めたSteam Tresure huntである。

steam_tresure_hunt_event.png
画像はnegitaku.orgさんから拝借

このイベントは日本人ユーザーを怒らせたイベントなのはご存知だろうか。
日本から買えないゲームを実績解除のイベントにいくつか使われたせいで
VPNが分かってる人や他所のダウンロード販売サイトから利用をしない限り、貴重なTF2帽子が入手できないイベントになった。

実績解除対象タイトルゲームなのに割引0%だったのがあったし、おま国なゲームが2本もあった。

この年はウィッシュリストとゲームのレビューが機能が追加された。

第二章:Valve ARG - 2011
Portal 2発売イベントに用意されたこのイベントは$19.99の名作揃いのバンドルゲームか対応したゲームを購入して参加するイベントだ。
ゲーム自体は誰もが買えるもので、海外のWikiでは協力者がいてセーブデーターなどを公開されてあったり攻略方法を動画で説明してあり
このValve ARGイベントはそこまで大変ではなかった。
報酬はPortal2込みのVavle Complete PackとPortal2が1時間はやくアンロックしてプレイできる権利だった。
しかし報酬は終了するまで知らされなかったため、まじめにやってればよかったと嘆くプレイヤーいただろう。
まじめに実績解除した人にとっては優良イベントである。

第三章:実績解除イベント - 2011
これらのイベントはある程度の実績解除によってアイテムと交換するイベントだ。
おま国2本、ストアから消えたゲーム1本と、おま国タイトルを平気で実績解除イベント使われてた。
既に所有しているゲームは交換不可なのだ。

冬のセールではおま国タイトルがなんと5本もあるし日本地域ではVPNが必須なネットゲームもあり非常に面倒臭くてやってられん
Steam実績解除イベントの中で最凶難易度を誇るSuperMeetBoyの実績解除がノルマに登場。

冬のセールイベントでは新規に石炭をクラフトするものが使われたが、
indiegalaやindieroyaleなどのsteamバンドルが販売するサイトが増えた年だったので
安易にSteamのサブアカを生産し、そこから石炭を大量に錬金する奴等がいたせいで
Steamが用意したギフトが枯渇してしまい、セール中の残り半分はValve社製しか使えないクーポンやゴミクズアイテムしかもらえなくなった。

実績解除する不正なツールが出回っていたので今後とも実績解除のイベントはもうやらないだろう。

第五章:トレカ無限クラフト報酬 - 2013~2014
Dota2のベーターが終了し、トレーディングカードが導入された年でもある。
セール期間中、Steamマーケットでトレーディングカードを集めさせて、そっからゲーム内のアイテムを景品にしたイベントだ。
大量のサブアカウント対策として、投票ボーナスの無料カードボーナスを受けるにはSteamレベルを一定以上の制限をかけた。
セール期間限定とDota2とTF2のアイテムに希少性を高く非常に入手困難にすることでクラフトするユーザーが後を絶たない。

まだセールが終わってはいないが、このサマーセールでは全世界で150万回以上クラフトしているだけあって
実質Steamマーケットのサマーセール限定トレーディングカードの手数料だけで1500万円以上稼いでるのだ。

もうValveはお金を搾取することしか考えてない、このセールは本当につまらない。
2014-06-27(Fri)

Steam Market:BuyOrderシステム

buyorder_washizu.jpg
次のコマでは買えなくて発狂してます。

さて、昨年のクリスマスセールを思い出して欲しい。
100万人以上のSteamユーザーがコミュニティーマーケットでトレーディングカードを購入するときに
毎回Steamの規約に同意するチェックボックスを入れてから購入していたが毎回赤い文字で誰かが既に購入済みですと表示されて
ゲンナリしていたSteamユーザーは後を絶たなかっただろう。

最安値を自動的に購入するBOTや同意するチェックを入れてくれるプラグインを使ってるような奴が続出し、
手動でF5連打してSteamサーバーに大負担かけていたのだ。

そして今年もSteamユーザーへの実験で、Steamサマーセール2014に用意した新システムがBuy Orderシステムなのだ!

1.そもそもBuy Orderとはどういうものか?
指値注文」というものだ、その意味はページ先に答えがあると思われ。

buyorder.jpg

このような時に$0.18のアイテムが出品された場合は $0.18~$0.20で合計:63個の抽選になる。
$0.20で買い注文した人も含まれているのでもし当たったら$0.18しか払わなくてすむ。

この買い注文で最初の内に$0.03設定したら1000個買う、$0.05だったら500個買うという買い注文する絶えなかったので
1つのアイテムの買い注文は1回までに制限するように修正された、買い注文を取り消さないと買い注文ができない。

2.買い方の種類
販売開始価格で購入する:今すぐ欲しい時に使う。
販売開始価格から-$0.01~で買い注文、少し下がるのを待ち構えるやつ、売りたいやつが見てたらその値段で出品してくる。
購入希望価格から+$0.01~で買い注文をする→同値段のライバルがいないから有利。
購入希望価格と同じ値段で買い注文をする→回転が早ければ落札できる。
購入希望価格から-$0.01~で注文する→運が良ければ最安値で落札できるかもしれない。

3.買い注文の制限について
複数の別アカでやると制限の壁を越えて乞食パワーが炸裂するのだ、次回のセールのためにSteamウォレットカードを大量に買おう。
2014-06-24(Tue)

Steamサマーセールパック中途結果

32クラフト

他のネトゲーアイテム:たくさん、Extraordinary x1

TF2バックパック拡張セットx6個
TF2レアx1

Dota2箱 Lv2 x2 : 装備品1+本Lv5アップ
+500:トークン(初日:$7で売れた)
+1000:トークン(現在$7ですら売れない)

ノーマルバッチLv100+キラバッチLv1くらいはやっておきたい

steam_summersale2014_5days.jpg
サブアカが青が一番多いし、今日は青が勝利する日だから事前にクラフトしておいたけど
最終日も予定では青の勝利になるんだが、その場合はトレカはもらえるのだろうか。
2014-06-21(Sat)

Steam Summersale いちにちめおわり。

本日は紫チームの勝利するらしいので紫に1アカ除き1クラフトずつやってトレカ2枚ドロップするかやってみる。
残りの1アカは何もしなくてももらえるのか様子見なのだ。
追記:カードが2枚、合計8枚ドロップしたのを確認

ちなみに今日は16時間の爆眠してしまい投票を一回失敗している、ナルトもコナミのゲームも買いそびれた。

steam_summersale2014_1day.jpg
2014-06-20(Fri)

Steam Summer Sale 2014

サマーセールのトレカ斜め読みまとめ。

チーム:
・5チームの内ランダム
・バッジをクラフトしてるとチーム変更するアイテムを入手できる場合がある。

ゲームプレゼント報酬:
・ウィッシュリストでSteamストアで買えるもののみ
・プレゼント対象がトップ貢献者ではないので超廃課金しなくても勝利したチームの全員にチャンスがある
・高いゲームをウィッシュリストに入れておくのが賢明らしい、スターリンを勢いでウィッシュリストに入れて損した。

トレカ:
・Steamレベル8から3回毎に投票ボーナスでトレカドロップあり、(winterセールはLv6からだった。)
・その日の勝利したチームはカードが2枚ドロップ。
 適当なカードで1回でもクラフトして+1経験値入れるなどしておくともしかしたらカード2枚ドロップするかも
・10ドル毎のゲーム購入で1枚ドロップ、予約を購入はトレーディングカードのドロップ対象外

クラフト:
・3種類のアイテムがドロップする(背景、絵文字、オマケ)、DLCとしてカウントされるアイテムもドロップする
・初日で$30で売れるアイテムが続出
・ほぼ無制限にクラフト可能

今年のマーケットはBOT対策なのか即決価格を予約する感じになっております。
2014-06-12(Thu)

Dota2 Attack Move



今更だけどMMR4000クラスになると攻撃回数を稼ぐテクニックはみんな使ってる。
カーソルの動きとか見て参考になればと
2014-06-06(Fri)

Magic 2014

たぶんGold Editionにはついてこない。(steamdb)

magic_2014.jpg
2014-06-03(Tue)

ゲーセン

八王子周辺にはもうまともに動くDDR筐体がない。
2014-06-01(Sun)

Gauntlet™ Pre-Purchase 4-Pack

タイトル通り4パック買いました、$59.99なので1本、15ドルゲーと交換します。
もしガントレットを20ドルで購入済みならそれをささっと返品するとお互いwin-winになります。

やりたいなーっとおもってるゲームとか
・The Forest
・Child of Light
・Plague Inc: Evolved

追記:残り2本
このブログについて。

人気ブログランキングへ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ぼるぶろ

削除要請やネタ提供やツッコミや
相互リンクやクレーム等をしたい時はこちらの
連絡用から送信お願いします。

アクセスランキング
リンク