2014-06-28(Sat)

大型セールで実験台にされるSteamユーザーたち

第一話:実績解除イベント - 2010
2007年にSteamの実績システムを初めて導入し
色んなところでゲームで実績を導入したゲームが増えた所でSteamはユーザーに実験台として初めてやったイベントが
2010年-冬のセール前に始めたSteam Tresure huntである。

steam_tresure_hunt_event.png
画像はnegitaku.orgさんから拝借

このイベントは日本人ユーザーを怒らせたイベントなのはご存知だろうか。
日本から買えないゲームを実績解除のイベントにいくつか使われたせいで
VPNが分かってる人や他所のダウンロード販売サイトから利用をしない限り、貴重なTF2帽子が入手できないイベントになった。

実績解除対象タイトルゲームなのに割引0%だったのがあったし、おま国なゲームが2本もあった。

この年はウィッシュリストとゲームのレビューが機能が追加された。

第二章:Valve ARG - 2011
Portal 2発売イベントに用意されたこのイベントは$19.99の名作揃いのバンドルゲームか対応したゲームを購入して参加するイベントだ。
ゲーム自体は誰もが買えるもので、海外のWikiでは協力者がいてセーブデーターなどを公開されてあったり攻略方法を動画で説明してあり
このValve ARGイベントはそこまで大変ではなかった。
報酬はPortal2込みのVavle Complete PackとPortal2が1時間はやくアンロックしてプレイできる権利だった。
しかし報酬は終了するまで知らされなかったため、まじめにやってればよかったと嘆くプレイヤーいただろう。
まじめに実績解除した人にとっては優良イベントである。

第三章:実績解除イベント - 2011
これらのイベントはある程度の実績解除によってアイテムと交換するイベントだ。
おま国2本、ストアから消えたゲーム1本と、おま国タイトルを平気で実績解除イベント使われてた。
既に所有しているゲームは交換不可なのだ。

冬のセールではおま国タイトルがなんと5本もあるし日本地域ではVPNが必須なネットゲームもあり非常に面倒臭くてやってられん
Steam実績解除イベントの中で最凶難易度を誇るSuperMeetBoyの実績解除がノルマに登場。

冬のセールイベントでは新規に石炭をクラフトするものが使われたが、
indiegalaやindieroyaleなどのsteamバンドルが販売するサイトが増えた年だったので
安易にSteamのサブアカを生産し、そこから石炭を大量に錬金する奴等がいたせいで
Steamが用意したギフトが枯渇してしまい、セール中の残り半分はValve社製しか使えないクーポンやゴミクズアイテムしかもらえなくなった。

実績解除する不正なツールが出回っていたので今後とも実績解除のイベントはもうやらないだろう。

第五章:トレカ無限クラフト報酬 - 2013~2014
Dota2のベーターが終了し、トレーディングカードが導入された年でもある。
セール期間中、Steamマーケットでトレーディングカードを集めさせて、そっからゲーム内のアイテムを景品にしたイベントだ。
大量のサブアカウント対策として、投票ボーナスの無料カードボーナスを受けるにはSteamレベルを一定以上の制限をかけた。
セール期間限定とDota2とTF2のアイテムに希少性を高く非常に入手困難にすることでクラフトするユーザーが後を絶たない。

まだセールが終わってはいないが、このサマーセールでは全世界で150万回以上クラフトしているだけあって
実質Steamマーケットのサマーセール限定トレーディングカードの手数料だけで1500万円以上稼いでるのだ。

もうValveはお金を搾取することしか考えてない、このセールは本当につまらない。

comment form

http://と@gmail.comを含むワードは禁止となっております。

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

個人的には石炭(実績解除系)イベントが良かったですね。
フレンドとの交流も増えたし、積んでるゲームも一時的とはいえ崩せた。

ただ、石炭は後で纏めて引こうとしてクーポンしか出なかったのが非常に痛かったですw

トレかを集めるだけのイベントはつまらん。
金持ってる奴が勝つだけのイベントだしね・・・
このブログについて。

人気ブログランキングへ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ぼるぶろ

削除要請やネタ提供やツッコミや
相互リンクやクレーム等をしたい時はこちらの
連絡用から送信お願いします。

アクセスランキング
リンク