2009-09-22(Tue)

バイオハザード5 / Resident Evil 5

bio5.jpg

STEAMで購入、円高と$5引きだった為、$44.99で大体4200円ぐらい。
最初からマルチランゲージ対応の為、日本語プレイは可能だったので
わざわざ高いPC版のパッケージを買う必要はないね。
唯一PC日本語パッケージ版とSTEAM版の違いは
タイトル画面が違うのと起動する為にDVDを挿入する必要がない点だろうか。
DVDが必要ないSTEAM版はかなり有利ですな。

ゲーム内容:
どっかのバイオシリーズでお馴染みの野郎と黒人女と協力してバイオ3の主人公を救出して
いつの間にか悪役になってるウェスカーっていう野郎をぶった切るのが目的なゲーム。

システムはバイオハザード4を二人同時プレイにした感じがメインになっていて
アイテム最大所有数は9個のみ、相変わらずカプコンのゲームなので操作性にクセがある。
今作は怖い感じはしない、グロいシーンはあるもののホラー性は少ない。

プレイ時間内訳:
初回プレイで同時期に購入したフレンドと協力プレイでノーマルモードクリアは9時間ぐらい。
続、ベテランモードクリアは7時間くらい、Proモードも手を出したがエピソード1-1で詰んだ。
ここまでは弾無限モードは使ってない、ここまでは手応えのあるゲームになってました。
その後10時間はBSAAエンブレム(隠しアイテム)埋めやビギナーモードでのSランク埋めしたらかなり飽きてきた。
プロモードクリアまでやりたいとは思わん。

その他:
このゲームは1日で捨てたスト4PC版と同じくGames for Windowsが搭載されてる為
ゲーム内でCOOPプレイした人とフレンド登録して一緒に協力プレイしたりできるのは良いが。
ゲームプレイ中はボイスチャットでのプレイがメインになってしまい
COOPする時にボイスチャットができない環境の方には非常に好ましくない作りになってるのが残念である。
一応、Games for Windows Liveでプライベートチャットは使えるのだが、
あくまでもそのゲームを起動してないと駄目とかかなり舐めた作りになっています。
前回のストリートファイター4はまぁなんとか許せたが、今回のこのGames for Windows Live機能は許せない作りだと実感できた。

買うとしたらSTEAM版がオススメです。

comment form

http://と@gmail.comを含むワードは禁止となっております。

管理者にだけメッセージを送る

comment

このブログについて。

人気ブログランキングへ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ぼるぶろ

削除要請やネタ提供やツッコミや
相互リンクやクレーム等をしたい時はこちらの
連絡用から送信お願いします。

アクセスランキング
リンク